GMT Watches Blog

GMTの時計などについてのブログ

Maurice Lacroix Double Rétrograde Manufacture Automatique モーリス・ラクロア ダブルレトログラード マニュファクチュール オートマチック

モーリス・ラクロアのレトログラードGMTモデル。公式

名前の通りマニュファクチュール。

私見

直径46mm (43mmかも)。厚さ16mm?

今時だけど少し大き過ぎるかもしれない。

レトログラードが好き、または変わったデザイのGMTを探しているなら、数少ない選択肢の一つ。

大きさを除けば個人的には好き。

モーリス・ラクロアは並行輸入品だとオーバーホール代が高くなるので、正規店で購入したほうが安心でしょう。

f:id:gmtwatch:20160331154227p:plain©Maurice Lacroix

ジャガールクルト マスターホームタイム

Jeager LeCoultreのGMTモデル。公式

私見

モンブランのGMTとほぼ同じレイアウトと機能。モンブランは約半額。もちろんJLCの方がブランドとしては上だけど。

f:id:gmtwatch:20160325143539j:image©ジャガールクルト

フレデリックコンスタント クラシックスインデックスGMT CLASSICS INDEX GMT

フレデリックコンスタントのGMTモデル。公式

公式ページにない情報

ムーブメントはおそらくSellita SW200ベース。

私見

デイトがあり4針のスタンダードで実用的なGMT時計。視認性がよい。
f:id:gmtwatch:20160322101852j:image©フレデリックコンスタント公式から引用

Baume & Mercier CLIFTON - 10112 Dual time ボームメルシエ クリフトン デュアルタイム

ボームメルシエのGMTモデル。公式

公式にない情報

ムーブメントはBM 11893-2。これはETA 2893-2ベースのよう。2893-2は2892A2の派生ムーブメント。ちなみにクロノメーターではない。

私見

標準的なセンター針のGMT。赤いGMT文字が特徴的。好みは分かれそう。

f:id:gmtwatch:20160321221449j:image©ボームメルシエ公式から引用

モンブラン ヘリテイジ クロノメトリー デュアルタイム

モンブラン(Montblanc)のGMTモデル。公式

公式にない情報

ムーブメントはMB 29.19。マニュファクチュールということですが、ETA 2892.A2のクローンのようです。モンブランで独自にクロノメーター規格であることを確認しているようですが、いわゆる正式のクロノメーターではないようです。

比較

同じムーブメントのTAG Heuer(ブログエントリー)やWempe(ブログエントリー)との大きな違いは昼夜の表示があること。しかし、値段が大分高くなってます。
逆にJaeger LeCoultreのマスターホームタイムにそっくりですが、値段は半額くらいです。
f:id:gmtwatch:20160321215643j:image©モンブラン公式から引用

Wempe Zeitmeister Large Date

Wempe(ヴェンペ)はたぶんあまり知られていない時計メーカーだと思います。もともとはドイツの宝石商だったようです。

この時計はクロノメーター規格のGMTモデル。公式

私見

Tag Heurer Carrera Calibre 8 GMT(ブログエントリー)と似てます。ムーブメントが同じETA 2892.A2です。クロノメーターなのも同じなので、後は細部やブランドの好みの差ですね。
Calibre 8と同様、セカンドタイムゾーンに昼夜の表示がないのが欠点です。
f:id:gmtwatch:20160321210705j:image©Wempeから引用

タグホイヤー、カレラキャリバー8 GMT Tag Heurer Carrera Calibre 8 GMT

タグホイヤーGMTモデル。公式

公式にない情報

この時計はエタの2892.A2ベースだと思います。
このムーブメントのGMTは結構あるのでデザインがそっくりな時計がいくつかあります。例えば以下の時計。 

gmtwatch.hatenablog.com

 

私見

このデザインの問題はセカンドタイムゾーンの昼夜が分からないこと。GMTの実用性が落ちます。
クロノメーターなのはさすがタグホイヤー。いやさすがエタ。
エタなのでオーバーホールや長期のメンテナンスは安心でしょう。

f:id:gmtwatch:20160321101019j:image
写真は公式から引用©Tag Heurer